WCシリーズ

暖かくてゆったり気持ち良い。ホールガーメントニット


MAITOの定番のウールコットンのホールガーメントニット。
秋冬におすすめのアイテムです。
そんな人気商品のウールコットンシリーズ、通称W/Cシリーズを今回は紹介いたします!
プルオーバー
01 ホールガーメントニットとは?
ホールガーメントとは「無縫製」という意味です。
普通、パーツごとに作った生地を縫い合わせて一着の服を作りますが、ホールガーメントは専用の編み機で 縫い合わせることなく、一着の服を立体的に編み上げます。そのため、伸縮性に優れ、肩幅など体系を選ばずに着ることができる、シームレスなニットに仕上がります。

  • ホールガーメントシリーズのアイテム

  • 大阪府泉北郡にある、自社ニット工場で編み立てています。ヒトのシルエットに沿うようにデザインされ、つなぎ目・縫い目のなくなったニットは、型くずれしづらく、肌当たりもやさしいのが特徴です。このやさしい風合いをなるべく肌に近いところで感じてほしい。そんな想いからこの最先端テクノロジーをセレクトしました。ヒトの手仕事と現代のニット技術が生み出す、いわば伝統と最先端の融合によるコレクションです。

    W/Cかのこ
    02 草木染めとホールガーメントとサステナビリティ
    最近よく耳にする「サステナビリティ」の意味をご存じですか?
    「サステナビリティ」(sustainability)とは、「持続可能性」または「持続することができる」という意味です。 私たちは自然と共生しながら、ずっと生活をし続けていける社会の実現を目指しています。
    2015年に国際サミットで「SDGs」(持続可能な開発目標)が採択され、サステナビリティへの注目は高まりました。私たちにとって、地球資源の枯渇や、環境問題はもはや無視することのできない課題です。

    普段の生活でサスティナブルへの貢献を


    ホールガーメントニットは最小限の糸でニット衣類を編み上げます。カットロスが無く、無駄な廃棄を出しません。

    草木染めは化学物質含む、有害な染色排水を出しません。

    農薬について厳格な基準に従って栽培されたオーガニックコットンを使用しています。

    サステナビリティを意識したモノづくりと、エシカル消費(倫理的=環境保全、社会貢献に考慮した消費)をほんの少し、生活の中に取り入れてみませんか? 環境にやさしい製品は人の体にもやさしく、とっても気持ち良いものです。

    W/Cシリーズイメージ画像
    03 W/Cシリーズのアイテム
    ウールとコットン、二つの素材のいいとこどりのニットです。
    コットンといえば、柔らかく優しい肌触りに加えて静電気が起こりにくい特徴があります。
    ウールは、弾性が高いためシワになりにくく、型くずれもしづらい素材です。そしてなにより暖かい。 二つの素材の特徴を生かしたW/Cシリーズはとっても着やすく、お出かけにもおうち時間のもおすすめのアイテムです。 とても素材が柔らかいため、袖の細いコートの下でも気になりません。

  • W/Cプルオーバー¥22,000+税
  • W/Cかの子プルオーバー¥22,000+税
  • W/Cガーターセーター¥22,000+税
  • W/C台形カーディガン¥24,000+税
  • おすすめセットアップ

    シンプルなW/Cシリーズと、模様のかわいいJQシリーズは相性抜群。ゆったりしたシルエットがやさしく身体を覆ってくれます。草木染の色合いと、柔らかなニットはとても心地良いですよ◎

  • ジャカード編みのニットシリーズ


  • 製品一覧